こころの処方箋

心理学者の河合隼雄氏の書作はどれもおもしろいです。

硬いものから柔らかいものまで著作多数。

疲れたり困ったりしたとき、

気が付けば手に取ってしまうのがこちらの本。

「こころの処方箋」 河合隼雄著 新潮社

読みやすいエッセイ形式ですので、さらさら読めますが、

なんといいますか、しっかりしたものが残るんです。

「己を殺して他人を殺す」

「ものごとは努力によって解決しない」

「100点以外ダメなときがある」

「イライラは見とおしのなさを示す」

書かれていることは、

誰もがそうだよねと納得する、いわゆる常識ですが、

その常識があまり知られていない時代ではないかと、

ご本人はあとがきで書かれております。

1988年~1991年にかけて執筆されたものですが、

まったく古さを感じさせない、優しく厳しい本です。

いつも読んだ後は、

しょうがないよねと諦めてみたり、

とにかくやるだけはやってみようかとか、

それなりの気持ちになって落ち着くのでした。