「ねぼけ人生」 水木しげる

「ゲゲゲの鬼太郎」の著者の自伝です。

非常に頑健な身体と、素直な精神の持ち主だったようです。

戦争で左腕を失ったことは存じませんでした。

1922年生まれですから、激動の時代を生き抜かれたことになります。

1939年には第二次世界大戦が始まり、日本も参戦します。

鳥取県境港に住む著者も、徴兵され南方の島ラバウルに送られます。

生きて帰れた方は稀だった激戦区です。

淡々と話は進みます。

著者の視線は常に静かに澄んでいます。

少年期と日常生活が戦争により一変し、戦争の中の話、終戦後の混乱期、漫画家として成功する以前の極貧の生活。

戦争に進む社会の様子や、戦時中の軍隊の様子、南の島の人の生活。

国に帰ってからの、食べていくのが大変だった頃の話。

著者はたくさん本も書かれており、別の著作でもそれぞれが詳しく語られています。

戦争にいかされることになった著者は、心を治めるべく書物を読み漁ります。

もっとも支えになったのはゲーテだったとのことです。

ゲーテは1749年生まれのドイツの文豪であり政治家です。

昔は「若きウェルテルの悩み」は若者の必読書だったと思うのですが、今は昔かもしれません。

著者の文章を読んでいると、野に咲く花が風に揺れるているのを、眺めているような気持ちになります。

おぼつかないようで、たくましい。

貪らず奪わないが、余計な助けもしない。

読みながら、野生という言葉を思い浮かべてしまうのです。