そうだ、ギター弾こう

昔どこかの鉄道会社の広告で「そうだ、xx行こう」というのがあったと思います。

この「そうだ」って、絶妙ですわね。

こうしちゃいられない、xx行っちゃうよ、それしかないよね、行かないなんてありえんよ。みたいな気になったけど、あっというまに次の広告が流れて、コンコルドの広告おもしろいなー、でも勝てる気しないなーとかいう感じで、気怠く休日の午後が流れていったりしたものです。

そんな休日が幾千幾万と流れすぎたある日、漠然とYouTubeをみていたら、ロッキーのテーマをそれはもう見事に弾くギタリストが登場。

ロッキー。無名のダメ男ボクサーがチャンスを掴み人としての尊厳を取り戻す、かの名作映画、Rcokyですよ。

特に最初のロッキーは大好きです。

皆も大好きだよな、そうだよな、イエーイ!ですよね。

早朝トレーニングするロッキーが高台に上り、ガッツポーズする姿を真似たことがない人はいないと思います。

無名のロッキーは大成功して、まあいろいろとあり、人間らしい弱さをみせますが、それで終わるロッキーではありません。

ロッキーは、虎の目を持つ男なのです。

ロッキー3のテーマ、Eye of the Tiger  を聞きながら、一通りロッキーの物語を思い返しました。

ああ、こうしてはおれない、おってはならんのだ!

そして安直に「そうだ、自分もギター弾こう」と思ったわけです。

早速ギターを借りてきました。

かなりの年代物で、既にメーカーすら消滅しているというギターです。

なんせ、made in Nagoyaって表記されてるんですよ。

志都呂のイオンの楽器店ロッキンで、弦を張り替えてもらって、「宇宙一やさしいアコースティック・ギターはじめました」という教本とチューナーを買ってきました。

頭の中ではロッキー1のテーマ曲が流れまくってます。

とりあえずYouTubeで「ギター経験0で弾ける曲」というのを見つけたので、弾いてみました。

指痛ー。